AdobeStock_275903017

    外国人社員が休暇日数・取得タイミングを相談ときの対応

    2020.05.22 / 外国人人材をお探しの企業様

    brito_20200522_02

    日本と外国では文化が違うのと同じように、働き方や休暇に対する考え方も違います。例えば、ヨーロッパでは、毎年月単位の長期休暇の取得することを当たり前としている企業も多くありますが、日本では長くても10日程度の休暇が一般的です。そこで以下では、外国人を雇用する際に留意したいのが休暇日数や取得のタイミングについて解説していきます。


    外国人スタッフが日本に駐在している場合

    労働基準法は日本国内で働く場合、国籍に関係なく適用されることになるため労働基準法に定められた日数が最低限の保障となりますが、外国人スタッフが日本に駐在して働く場合、休暇取得のルールはスタッフがどの国の法人に属しているかで決まります。ただし、日本に長期出向して仕事を行う場合などはほとんどの日本法人の指揮のもと就労することになるため、一般的には日本の労働基準法に従った休暇取得が一般的です。


    外国人社員が長期休暇取得の要望を出してきたら?

    外国人社員の場合、里帰りをするにも安くはない費用がかかる人も多いため、その国の季節行事などに合わせて長期休暇の要望を出してくる人も存在します。ただ外国人社員であっても休暇取得の可否判断は企業に委ねられるため、会社都合で回答して問題ありません。業務上、長期休暇を取得しても差し支えない職種ならば長期休暇取得ができるような制度を定めるのも良いですが、日本人社員も含めた共通ルールを定める必要があるため、多くの企業は難しい状態にあるのが現状です。


    外国人社員の休暇に関する問題を抱えたないために

    まず大切なことは外国人社員が入社する前に、被雇用者の国の事情や休暇ルール、休暇要望をきちんとヒアリングした上で、業務の内容や有給休暇取得、休日などのルールについて文書と口頭で説明し署名をもらうことです。その結果、入社を見合わせる可能性もありますが、後の社内トラブルにつながってしまえば元も子もありませんので、しっかりと説明を行いましょう。


    まとめ

    外国人社員が日本で長期で働く場合は基本的に日本の労働基準法に沿って休暇を取得するのが一般的です。ただし、労働基準法で定められた日数以上の休暇は会社判断になります。外国人を雇用する企業は日本の労働基準法を最低限として線引きしながら国内外の社員全員が快適に仕事をできる環境整備を考えていきたいところです。





    運営元の(株)夢グローバルでは国際人材の採用に必要な業務をワンストップで提供いたします。外国人雇用を検討中の方はお気軽にお問い合わせください。